糖尿病内科

小金井あおばクリニック

TEL:0423837149

初診の方の事前受付はこちら

診療時間

午前
午後
午前 9:00~12:00
午後 15:00~19:00
14:00~17:00
  • 休診日:木曜・日曜・祝日
  • 土曜日は、終日混み合うことがあり御予約をいただいている患者様にもお待ち頂いていることがございます。土曜日に受診を希望される方が多くどうしてもずれ込んでしまうことがあります。誠に申し訳ないと思っておりますが、御理解頂ければ幸いです。
  • ※平日午後の診療受付は、
     診療時間終了の30分前です。
  • ※内視鏡検査は診療時間午前・午後
     ともいつでも行える体制を整えて
     おります。

042-383-7149

ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

初診の方の事前受付はこちら

アクセス

インフルエンザ予防接種問診票ダウンロード

求人募集

糖尿病とは

国民の5人に1人以上が患者か、もしくは予備軍と言われている糖尿病。
エネルギー源を必要としている細胞に、ブドウ糖がうまく運ばれず、血液中に溢れてしまう状態が続き、からだ全体のエネルギーが不足する疾患です。

血液中のブドウ糖の濃度が高くなった状態をいわゆる高血糖と呼んでいます。一度発症したら完治はしないものの、血糖値を正常レベルに保つことでコントロールが可能です。そのためには食事療法、運動療法が必要で、薬を使用することもあります。

糖尿病の症状

糖尿病の自覚症状には、高血糖によるものと、それに併発した合併症によるものがあります。インスリンの作用が低下すると血糖値が高くなるため、体内の血液の濃度が濃くなります。するとからだは、細胞の水分を血液中に移動させて、血液中のブドウ糖濃度を薄めようとします。その結果、細胞が脱水状態となり、のどが渇いてしまい、水分をよく飲むようになるため、多尿が起こります。また、脱水状態から皮膚の乾燥も見られます。インスリンの分泌が高度に障害されてくれば、糖を取り込む働きが悪くなり、体重が減少してしまいます。

糖尿病の可能性がある主な症状

  • この頃太ってきた
  • 食べても痩せていく
  • 甘いものが急にほしくなる
  • とても喉が渇く
  • 頻尿(おしっこの回数が多い)
  • おしっこの量が多い
  • 尿のにおいが気になる
  • 尿が出にくい
  • 残尿感がある
  • 全身がだるく、疲れやすい
  • 肌がかさつく、かゆい
  • 下腹部がかゆい
  • 手足がしびれる
  • 視力が落ちてきた
  • 立ち眩みがする
  • 足がむくむ
  • 火傷や怪我の痛みを感じない

糖尿病になりやすい方

  • 肥満である
  • 野菜や海草類をあまり食べない
  • 朝食を食べない
  • 食べ過ぎる
  • お酒をたくさん飲む
  • ドリンク剤をよく飲む
  • 運動不足である
  • おやつを毎日食べる
  • 脂っこい食べ物が好き
  • 40歳以上である
  • ストレスがたまっている
  • 家族や親戚に糖尿病の人がいる
  • 妊娠中に血糖値が高いと言われたことがある

糖尿病の種類

1型糖尿病

インスリンを作る細胞が、ウイルス感染などをきっかけに破壊されて、からだの中のインスリンの量が絶対的に不足して発症します。

2型糖尿病

遺伝でインスリンが出にくい体質を持つ、また運動不足や脂肪の過剰摂取などの生活習慣により、インスリンの働きが悪くなるといった条件が組み合わさって発症します。
日本の糖尿病患者の約95%以上は、この2型糖尿病です。その他、遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気が原因となるものや、妊娠中に発見される妊娠糖尿病があります。

インスリンとは

からだの中で唯一血糖を下げるホルモンで、食後に血糖値が上がらないよう調節をする働きをします。また、血液中のブドウ糖をからだの細胞に送り込んで、活動エネルギーに変えたり、脂肪やグリコーゲンに変えてエネルギーを蓄えたりします。

糖尿病の合併症

三大合併症

細小血管障害とも言われます。おもに細い血管が障害されて症状が起こります。
この合併症は糖尿病でしか起こりませんが、血圧や脂質のコントロールが悪いと、さらに悪化し易くなります。初期には症状がなく、そのためにも定期的な検査が必要です。

糖尿病神経障害

合併症の中で最も早く出る症状です。
手足のしびれ、怪我や火傷の痛みに気づかない等、手足の末梢神経障害の症状が出ます。 そのほか筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、発汗異常、立ちくらみ等、様々な自律神経障害の症状も出ます。

糖尿病網膜症

網膜の血管が悪くなり、視力が弱まります。失明する場合もあります。 また、白内障になることも多いといわれています。

糖尿病腎症

腎臓の糸球体という部分の毛細血管が悪くなり、腎臓の機能が停止してしまいます(尿が作れなくなる)。人工透析になる原因の1位がこの糖尿病腎症です。

その他の合併症

脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞、皮膚病、感染症、下肢閉塞性動脈硬化症

糖尿病の検査

血糖値を測定します。

  • 普段の血糖値
  • 朝、何も食べていない時の血糖値
  • ブドウ糖を飲んだ後の血糖値

上記のいずれかに異常が出たら、別の日に再検査を行います。

再検査で異常が出た場合、糖尿病と診断されます。糖尿病検査は特定健診に含まれているので、医療保険者が40歳以上の人全員に対して実施することになっています。健康診断は毎年必ず受診するようにしましょう。そして、健康診断で血糖値が高いと診断されたらご相談下さい。

糖尿病の治療法

糖尿病は早期発見・早期治療、そして治療の継続が何より大切です。
健診などで糖尿病を指摘された場合など糖尿病の初期治療は、お薬での治療を始める前に、まず生活習慣の見直しを行います。

そして、食事療法を開始し、運動療法と組み合わせながら血糖値の改善をはかります。糖尿病の初期状態では、食後の血糖値だけに異常がみられます(=食後高血糖)。この早い時期から食事療法と運動療法を開始し、良好な血糖コントロールを維持することにより、病気の進展を防ぎ、合併症を起こすことなく、健常な場合とほぼ同様の生活を生涯にわたり営むことが可能になります。

糖尿病は、治療を放置したり、発見が遅れたりして合併症が出現してしまうと生活の質の低下につながり、最悪で失明や心血管病の発症などをきたし命に関わることになりかねません。糖尿病の治療方法は主に3種類です。

食事療法

糖尿病の最も効果的で重要な治療方法です。
適切な分量の食事で、必要とする栄養を摂取できるようにコントロールします。 特に食べてはいけない食品があるわけではありませんが、外食や間食、アルコール等は1日に摂取するエネルギー量が過剰になりやすいので、注意が必要です。必ず医師の指導の下、バランスの良い食生活を送りましょう。

運動療法

食事療法と同様、糖尿病の基本となる治療方法です。
運動によってブドウ糖や脂肪酸の体内での利用を促進させ、血糖値の低下、およびインスリン抵抗性の改善を行います。

但し、合併症がある場合、薬剤で治療している場合は運動が制限されることもありますので、運動の種類や時間・回数等、必ず医師の指導の下、適切な運動を心がけましょう。

薬物療法

糖尿病の薬物療法には、経口血糖降下薬とインスリン注射があります。

1型糖尿病ではインスリン注射をします。

2型糖尿病では食事療法や運動療法で改善されない時に、経口血糖降下薬やインスリン注射を使います。特にインスリン注射は、不足している、もしくはうまく作用していないインスリンを補い、自分の膵臓を休める役割もあります。したがって、最も体に優しい治療法です。決して糖尿病がひどくなったから用いるものではありません。

pagetop